« 禿の44 弱肉強食の世界 | トップページ | 禿の46 夜のハゲ »

禿の45 ダライ・ラマの教え

今、中国に対するチベット暴動が世界的なニュースになっていますね…自分は政治的な事はあまり分かりませんが、今回はダライ・ラマ先生の言う仏教の教えを漫画にしてみました(*^^)v 

ハゲ始めの頃、色々つらくてですね・・・w よく新宿の紀伊国屋に何か良い本はないかと探しに行ってたんですがw その時に見つけた本の中の一冊が先生の本でした。ダライ・ラマ先生が1981年、ハーバード大学において5日間にわたり行った講義録を翻訳した「仏教哲学講義」という本です。

今回はその冒頭にある、4つの基本的な教えを漫画にしてみました。

Photo_3 Photo_4

色々大変な事も多いですね。普段は考えないようにしてますがw考えようとしてみれば不安な事ってたくさんありますよね。

あまり宗教っぽく捉える必要はないと思います。誰にでも当てはまる事を言っているなぁ~と。

たまに調子悪い時とかは読むようにしています♪世界には色んな宗教がありますけど、やっぱり仏教が一番いいかなぁ~って思います。

Photo_3 毛髪川柳も随時募集中です♪(*^^)v髪に関するものであれば必ずしも禿ネタでなくてかまいませんw

何か良いのが思いついたらコメ欄にご投稿ください♪ こんな感じでイラストにしますw

○○県○○市○○さんで宜しくです(*^。^*)県と市は別になくてもOKです♪

ある程度まとまってきたらイラストにしていきます。

ランキングも応援宜しくです(^_^)/↓

↑クリックヨロシクお願いします

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

↑コチラモヨロシクです

「人気ブログランキング」 44位/サイトあるかわからん…

「漫画ブログ・4コマ漫画」ランキング→ 6位/213サイト中

「漫画ブログ」総合ランキング14位/3140サイト中・・・・・で御座います

一日一回ワンクリック宜しくお願いいたします(*^^)v  

応援宜しくです☆

|

« 禿の44 弱肉強食の世界 | トップページ | 禿の46 夜のハゲ »

ハゲの歴史、哲学」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~!!
ダライラマの教え、興味深く読みました。
なのに、一番最後の川柳のイラストでずっこけました。
悲哀の滲み出たイラストですね^^すっごく感動しました。
髪に関する川柳、(ダンナネタになりますが)考えてまた来ます!!

投稿: takomama | 2008年3月23日 (日) 13時55分

takomamaさん>

コメントありがとうございます。何か面白いのがあったら是非宜しくお願いします(*^^)v 旦那さんねたはリアルで良いと思います。
また遊びにきてくださいね~♪(*^。^*)

投稿: ハゲマルGT | 2008年3月23日 (日) 19時44分

私は、昔からの日本の神教みたいな考えが好きですけどね~
太陽の神様がいて
風の神様がいて
花の神様がいて
水の神様がいて
ぜーーーーーーんぶが神様
八百万の神っていうくらいいっぱいいる感じが
取り止めがなくってスキです(笑)
だからって、信仰心はないんですけどね(笑)
まぁ、それが一番かな~って思ったのは理由があって
何の本か忘れましたが
「日本には八百万も神様がいるんです。だからお釈迦様が一人増えようがキリスト様が一人増えようが気にせず受け入れる文化だったんですよ。
だって八百万もいるんですからね。
大らかでしょ?」
って感じの本を読んだんです。
おぉぉぉぉ、なるほど
って思ってしまって
日本人の根本をみた!みたいな(笑)

投稿: ももまり | 2008年3月24日 (月) 11時32分

ももまりさん>

そうですね。日本は一神教ではないので、数え切れないほどの神様がいます。神道というやつですね♪古代ギリシアもそんな感じでやはり多神教でした。
仏教も基本的には一神教ではないですから、お釈迦さまも僕たちもみんなおんなじ衆生だよ、という感じですね。
神道については漫画だと自分はゴーマニズム宣言で読みましたねぇ~。やっぱどっかほんわかしてるというか、排他感がないのが日本の良いところですね。どこかテキトーなところがあるのが一番いいですね♪

投稿: はげ丸GT | 2008年3月24日 (月) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499884/11680056

この記事へのトラックバック一覧です: 禿の45 ダライ・ラマの教え:

« 禿の44 弱肉強食の世界 | トップページ | 禿の46 夜のハゲ »